食事療法

今回は食事療法について、紹介させていただきます。
まずは、ケトン食療法です。
ケトン食療法やアトキンス食療法は薬が効きにくい難治性のてんかん発作を少なくする可能性があるとされています。

ケトン食療法は子どもの難治性てんかんに対して行われます。ケトン食は身体の中でのケトン体の産生を促すよう考えられた食事のことです。身体の中でケトン体が多く作られて血液の中でも増加した状況では、てんかん発作が起こりにくくなると考えられています。

ケトン体は身体の中でグルコールが不足したときに使われるエネルギー源のことで、脂肪やタンパク質をもとにして作られます。食事中の炭水化物(グルコースのもと)を減らして脂質を増やすと、身体の中のケトン体が増加します。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準 2015」によると通常の食事では炭水化物は50から65%、タンパク質、脂質は20から30%の割合でエネルギーを摂取するように勧められています。一方で、ケトン食療法では炭水化物、タンパク質、脂質のエネルギー摂取の比重を等しくした食事を行います。



就労継続支援A型事業所『We Walk』

http://www.instagram.com/wewalk_info/

https://wewalk.jp/

スタッフ

就労継続支援A型事業所「WeWalk久米田」

スタッフ

何かを始めようとした時 決断した時 覚悟を決めた時
そこには必ず大きな「第一歩」がある
We Walkは就労支援を通じてそんな第一歩をサポートします。
そして 共に歩き 共に成長し あとで振り返った時に
あの時の第一歩があって良かったと
そう思ってもらえるサービスを追求します。

SEARCH

CATEGORY

GROUP